Now loading

ごあいさつ

「研究推進の礎として」

名古屋大学総長  松尾 清一

「名古屋大学設備・機器共用システム」(NUESS)は、だれでも、いつでも、どこでも、必要なときに、必要な情報を得ることができ、必要な情報を伝えることができる、そんなシステムでありたいと願っています。
NUESSには、研究に携わる研究者や学生、設備・機器を維持管理する者、会計を担当する事務部門、システムを維持管理する全学技術センター設備・機器共用推進室(NUESPO)等、本学の構成員から多くの期待が寄せられています。
これから、NUESSにとって、多くの学内外の皆様に利用していただくこと、また、システムの内容をより充実させることが重要な課題です。
NUESSが、大学の研究推進並びに産学連携の礎の一つとして、本学の中で着実に発展することを期待しています。

名古屋大学総長 松尾清一

Greeting

「As a foundation for the promotion of research 」

Seiichi Matsuo, President

I hope that the “Nagoya University Equipment Sharing System” (NUESS) will be a system which can obtain information and convey it to everyone, anytime, anywhere, whenever necessary.
Expectations of the NUESS from our University members such as researchers and students who are engaged in research, staff who perform maintenance of the equipment, office work sections in charge of account, and the Technical Center of Nagoya University Equipment Sharing Promotion Office (NUESPO) which performs maintenance of the system, are high.
Our key NUESS objective is that many people on and off campus will use and enrich the contents of the system from now on.
I hope that the NUESS develops steadily as one of the foundations of the promotion of research and government-industrial-academic enrichment in our University.

Seiichi Matsuo, President

PAGE TOP